ヨーロッパ競馬のあれこれ!

ヨーロッパ競馬! 〜ヨーロッパ競馬へのあくなき挑戦〜

ヨーロッパ競馬! 〜ヨーロッパ競馬へのあくなき挑戦〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本人のヨーロッパ競馬への憧れ。

 

 

 

数々の名馬がその高き壁を乗り越えんと、
幾多の挑戦を繰り返してきました。

 

 

 

今でこそ、ヨーロッパ競馬秋の総決算、
『凱旋門賞』 の栄冠も手の届くところまで近づいていますが、
そこに至るまでには厳しい道程がありました。

 

 

 

今回は、海外遠征に挑戦してきた、
日本の馬たちを、少しだけ振り返ってみましょう。

 

 

 

ヨーロッパ遠征のパイオニアと言えば、『スピードシンボリ』 でしょう。

 

 

 

1969年、彼が7歳の時(現表記:6歳)
イギリス、『キングジョージ6世 & クイーンエリザベスステークス』 と、
フランス、『凱旋門賞』 に挑戦しました。

 

 

 

結果はそれぞれ5着、着外と芳しいものではなかったものの、
まだまだ遠い存在であったヨーロッパ競馬への挑戦は、
それだけで称賛に値するものでした。

 

※ ちなみに、彼は帰国後に国内G1を3勝しており、
  それくらい当時の日本競馬とヨーロッパの差が、
  大きいものであったということがわかります。

 

 

 

そんな、『スピードシンボリ』 の挑戦から29年。

 

 

 

長き沈黙を破り、ヨーロッパのG1を制する、
日本調教馬が現れます。

 

 

 

『シーキングザパール』 です。

 

 

 

1998年夏、フランスのドーヴィル競馬場で、
行われた、『モーリス・ド・ゲスト賞』 という、
マイルG1を、鞍上・武豊で勝利しました。

 

 

 

その後は堰を切ったように、
日本調教馬の、海外G1勝利が続きます。

 

 

 

 

『タイキシャトル』
『エル・コンドルパサー』
『アグネスワールド』

 

 

 

 

どれも日本競馬史に名を連ねる馬ばかりです。

 

 

 

そして意外にも、日本産かつ、日本調教馬で、
海外G1を初めて制したのは、日本でG1を、
勝てなかった、『ステイゴールド』 でした。

 

 

 

クラシック距離の、『香港ヴァーズ』 を、
これもまた武豊で勝利しました。

 

 

 

『ナカヤマフェスタ』 や、『オルフェーヴル』 など、
彼の産駒たちが、世界を股にかけて、
激走していることを考えると、ほんとに、
胸が熱くなりますね。

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ